脳梗塞の症状を知ろう|早期発見がカギになる

医者

回復に必要な知識

血液をサラサラにさせて脳梗塞の症状の再発を予防しませんか?効果的な方法をこちらのサイトで紹介しているのでチェックしてみてください。

早急な治療開始が重要

看護師

現在、医療関係各所において、脳梗塞に関する知識を広める活動が精力的に行われています。とりわけ、症状に関する知識を広めることを重要視しています。その理由は明確です。脳梗塞によって壊死してしまった脳組織を再生させることは、高度に発達した現在の医療においても不可能なことです。従って、脳梗塞治療の最優先課題は、脳組織の壊死を最小限に食い止めるべく、できるだけ早く脳への血流を再開させることとなります。幸いなことに、t-PAという新しい治療が確立しましたので、従来に比べて迅速な血流再開が可能になっており、よって、脳梗塞を発症しても回復する可能性はあります。しかし、それを可能とするのは当然、治療を早期に開始すればこそです。発症しても、そのまま放置し、治療開始が遅れれば、せっかくの有効な治療法も宝の持ち腐れとなってしまいます。そうならないために、どういった症状が脳梗塞なのかという知識を広める活動が必死に行われているのです。

疑うべきサイン

脳梗塞の症状の特徴として挙げられるのが、脳、つまり頭以外の場所に症状が現れることです。全身は脳にコントロールされていますから、脳がダメージを受ければ、全身に影響を及ぼすというわけです。但し、全身すべてに影響を及ぼすわけではないのです。脳の役割は細分化されていますし、脳梗塞を発症すると、直ちに脳組織が全体的に壊死するわけではありませんから、脳梗塞の発症場所によって症状は異なります。従って、判断は難しいところなのですが、傾向はあります。代表的な症状として挙げられるのが、片手や片足、顔半分の麻痺、しびれです。また、言葉が出ない、ろれつが回らないといった言語障害や、視野の欠損や物が二重に見えるといった症状も脳梗塞の症状となりますから、それらの症状が突然現れたら、脳梗塞を疑い、直ちに医療機関へ向かうべきです。

治療は手術が基本になる

悩む女性

胆のうがんが見つかったら、手術が行われます。早期に発見されて、がんが胆のうの外に転移していなければ、良好な予後を得ることができます。がんが胆のうの外に転移していたら、その部分を切除する手術が行われます。

詳細を確認する...

癌の転移を考えます

ナース

癌は発症部位を治療しても、転移している可能性があって再発する危険もあります。癌性胸膜炎は肺を中心とした癌から転移して発症する病気で、癌が進行していることが少なくありません。自覚段階では治療が難しいので、将来的な治療技術の確立が期待されます。

詳細を確認する...

進行の早いがんを知る

医者

多くの種類があるがんの中でも、食道がんは進行が早く転移しやすいことで知られています。最も有効な治療法は手術ですが、食道付近には肺や心臓があるため大手術となります。進行度に応じて内視鏡や放射線治療・抗がん剤といった手術以外の選択肢も増えています。完治のためには複数の方法による集学的治療が効果的です。

詳細を確認する...